09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

おさけの紹介No4 

一年とは早いものです、までもう20日と少しですね。
早慶戦では勝ったクルーが観客の前でドヤ顔をするウィニング・ロー(Winning row)がありますが、この時の感動はマジでヤバイです、ヤバ過ぎて文字にできないので割愛します。
そこで、今回紹介するカクテルは「ウィニング・ラン(Winning Run)」であります!なんて素晴らしい響きでしょう。
レシピは
「ピーチツリー」45ml,「グレープフルーツジュース」30ml,「レモンジュース」15ml,「グレナデン・シロップ」茶匙一杯
となっており、これを混ぜてシェイクすれば出来上がり。
ワイングラスに注げばオシャレなカクテルの完成であります!
winning_run_1
「Winning Run」
もうサクランボなんか浮かべちゃえば1,000円は軽くぼったくれる美しさであります。
肝心の味ですが、ピーチの甘みと柑橘類の芳香と酸味が程よく混ざり合い、非常に美味しいです。
正直、今まで紹介したどのカクテルよりおいしいです!
てかもう、早慶戦でウィニング・ローやってそのあと合宿所でウィニング・ラン飲みまくりましょ!

最後に材料をどうぞ
winning_run_2
「グレープフルーツジュース」「グレナデン・シロップ」「ピーチツリー」「レモンジュース」

兒玉
スポンサーサイト

カテゴリ: バウの日々

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

おさけの紹介No3 

昨日法政大学艇庫から「LMFAO」の「Shots」が聞こえてきたので今回は「Shots」に関係したお酒を紹介します。

「 LMFAO Shots」(2:30ごろから酒の登場)

バウが飲み会で歌うことで非常に有名な「Shots」ですが、この歌にはいくつかのお酒が出てきます。
その中で特におすすめなカクテルは「イェーガーボム(Jägerbomb)」と「カミカゼ(Kamikaze)」であります。
「イェーガーボム」とはグラスに注いだ「Red Bull」に、ショットグラスに入った「イェーガーマイスター(Jägermeister)」を投下(Bomb)して作ります。
強力な覚醒効果があり、世界中のクラブで飲まれているお酒で、理工漕艇部では主に試験前の徹夜で飲まれています。
jager-before
「投下(Bomb)前」
jager-after
「投下(Bomb)後」

「カミカゼ」とは「コアントロー」と「ライムジュース」と「ウォッカ」の非常に爽快なカクテル。トイレの芳香剤のようである。ただし27%あるので要注意。
幾度となくバウが特攻し玉砕した苦い歴史を持つ。
kamikaze
左から「ライムジュース」「ウォッカ」「コアントロー」

※お酒は用法,用量を守って正しくお飲み下さい
兒玉

カテゴリ: バウの日々

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

おさけの紹介No2 

本日紹介するお酒は「X・Y・Z」で御座います!
読み方は「エックス・ワイ・ズィー(ゼット)」であります。
意味は「これ以上ない最高のお酒」的な感じです。まあアルファベットの最後の三文字ですからね。
レシピは
「コアントロー」:「ラム」:「レモンジュース」=1:1:1
であります。
「コアントロー」はオレンジ味の甘いリキュールで、チョコ等々お菓子の風味付けにも良く使われたりします。単品でもかなりおいしいのですが、40%もあるお酒なので飲みすぎると意識飛びます。記憶なくなります。喉が腫れ上がります。マジでヤバイです。
普通の茶色い「ラム」を使うと色が汚くなるので透明な「ホワイトラム」を使うのがポイントです!
このカクテル美味しいくせに約30%あります。良い子のみんなはカクテルグラスに少しだけ作りましょう。
X-Y-Z
※左から「コアントロー」「レモンジュース」「ラム」

兒玉

カテゴリ: バウの日々

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

おさけの紹介No1 

なぜかバウばかりのこだまです。
いきなりですが本日紹介するお酒は「ジンライム」で御座います!
「ジンライム」とはその名前の通り「ジン」と「ライムジュース」を混ぜて作るものであります。
「ジンライム」をシェイクしたものは「ギムレット」と言われ、レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説『長いお別れ』中の代表的な台詞「ギムレットには早すぎる」(原文"I suppose it's a bit too early for a gimlet," he said.)で有名なあのお酒です。
「ジン」は松ヤニのような独特な臭いがあるので、そのままでは飲みにくいのですが「ライムジュース」の爽やかさと甘さにより飲み易いカクテルとなっております。
ただ、30%近い度数が有るので飲みすぎは注意です!
ジンライム

兒玉

カテゴリ: バウの日々

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。