09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

Head OF The ARA ~荒川の頂点~ 

という題名ですが、今年も頂点にはなれませんでした。ざんね~ん。
でも2位でした! たぶん理工漕艇部が去年より成長したということでしょう。やったぜ。

まあ結果は結果でもちろん大切なのですが、僕は今大会特に嬉しかったことが2つあります。
まず今年も9人でエイトを出せたこと。
それとなんと言ってもレースで5000m漕ぎ切った後、みんなが楽しかったと言ってくれたこと。

なんか気持ち悪いくらい綺麗事言ってて気持ち悪いですね。

でもこれってとても大切なことだと僕は思います。
なぜ5000mも漕いで辛いはずなのに楽しかったと感じられたのでしょう。
これは皆がきつい練習を乗り越えてレースに臨んだからこそではないでしょうか。

来年の4月17日、僕らはエイトで早慶戦に挑戦します。
冬から春の練習を乗り越えて、みんなで楽しくゴールまで突っ走りましょう!!


今日応援に来て下さった方々、ありがとうございました。
そして唐突にエイトに乗ってくれた村田、本当にありがとう!

1448723958208.jpg

1448723809938.jpg

1448723801718.jpg

1448723933259.jpg

.......なんかかっこいい画像多くない!?

3年 小薗江
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

理工展 

すっかり秋めいて理工漕艇部はオフシーズン、陸トレに力が入って来ました!

はじめまして、54期(1年)の新田です。

秋といえば理工展、今年は11月7・8日に開催されました。

毎年恒例の1年生の模擬店に加え、今年は2年生も出店!54号館の入り口を理工ボートで挟んで賑やかな2日間でした。

1年生はポップコーン、2年生はワッフルを売りました。

2年生は両日午前中で売り切れる程の大盛況ぶり。1日目で2日分の在庫が無くなる程でした!
中谷さん、中野さんの女子部員がセールスのプロだったようです。

そんな2年生を横目に、人数の少ない1年生は、3年生の温かいサポートを頂きながら、エルゴマシーンでちびっこ達のハートをがっちり掴み、地道に手作りポップコーンを売り続けました。リピーターが出る程味はよかったんですよ!

最後は2年生も手伝って下さり、ポップコーンも大盛況でした!

立ち寄って下さった皆さん、ありがとうございました!

院生などの、今まで理工ボートに関わった方がいらっしゃった時の家族のような温かさは、このサークルでしか味わえないものです!

理工展で同期や部内の仲が深まった気がします。試作や準備から当日の打ち上げまで、色々ありましたが楽しく終えることが出来ました!

これからのオフシーズン、全員で頑張って行きましょう!!


1年 新田 彩乃

カテゴリ: 未分類

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

駅伝大会 

あけましておめでとうございます
2015年最初のブログを書かせていただきます!

今回は昨年の12月21日に行われたEKIDEN in TAMAGAWAについてです(更新遅くなってすみませんでしたm(_ _)m)
この大会では四人でハーフマラソンを完走しました
大会の様子です


中村さん、二回走っていただきありがとうございましたm(_ _)m

さすが真島さん、引退されているのに全く疲れた様子が見られません

ランナーの皆さんとても真剣な表情ですね!

大会結果です

見事、全チーム完走しました!
今年の最高順位は22位でした
来年は入賞目指します!!?


普段の陸トレではあまり走らないですが、熊谷助監督がおっしゃるように走ることはスポーツの基本です。この大会を機にもっと走るようになるといいなと思います。
また、チームで襷をつないでいく駅伝は一体感が出るし、何より楽しい!!
ということで、来年も出ましょう

一年 安納光太郎

カテゴリ: 未分類

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

 

「1艇身!」

「1.5艇身!!」

「ここで負けるな!つめていこう!!!」



コックス内藤の告げる艇身差が、どんどん広くなっていく。
いくら何でも、力の差がありすぎる。
3艇身差まで離されるのは、一瞬だった。


スタートが勝負のボート競技
自分たちも十分な対策をしていた。
しかし、体育会の力は想像以上だった。

全ての艇が見えないまま戦うことは、この競技では取り返しのつかないビハインドを背負うことに等しい。
正直諦めかけた。


このクルーは何も成長出来ないまま、俺の引退になっちまうのか。
俺は後輩に何も伝えることは出来なかったのか


そんな、キャプテンとしてあるまじき考えまで、一瞬頭をよぎった。



***



500m過ぎまで来た、そのときだった。



「レート36行こう、さあいこう!!!!」


俺は耳を疑った。
他のチームでは試合レートとして当たり前かもしれないが、
今年のフォアクルーは俺以外の漕手が全員2年生。
コンスタント34で確実に艇を進める作戦が基本。
最後のスパート以外で、ハイレートの勝負をする気は無かった。



内藤が、勝負に出た。




佐藤が良いリズムのまま、確実にレートを上げていく。
有田が苦しいところで声を出して盛り上げる。
前日腹を切った恐怖があるはずの片山が、素早いキャッチで合わせていく。



成長していないはずがなかった。



冬は艇やオールが凍りつく中、シーズンと同じように漕ぎ続けた。
合宿所は、去年よりずっと綺麗になった。
相模湖合宿では、体育会より多く練習した。




艇速が一気に上がっていく
消えたはずの他艇の水音が聞こえてくる。



前を行く艇が一つ、自分の視界に入った。




***




ゴールした瞬間、今まで見た中で最も美しい水面をたたえる、戸田ボートコースがそこにあった。

まあ、全てのチームが自分たちより前にゴールすれば波も立たないから、
当然といえば当然だ。



でも、あの水が綺麗に見えた本当の理由は
それだけじゃあなかった気がする。



***************************************


そんなこんなで、自分は理工漕艇部の現役を引退しました。
沢山の方に助けていただいて、
色んな人に怒られて、
今の自分があるのだと思います。

最後までクルーボートで大会に出続けることにこだわったのも、
その思いがあったからです。

だから、同じ艇に最後まで乗り続けてくれた後輩4人には、本当に感謝しています。

でもいつかは、自分のシングルスカルを買って、熊谷さんのように楽しめるようになりたいね。


それじゃあまたな。
にっこにっこにー。


理工漕艇部前主将
真島 智宏

カテゴリ: 未分類

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

全日本軽量級選手権だぜ!! 

はじめでの2000メートルのレースは。苦しかった。
金曜日の予選は、緊張してしまって(私は前日の夜、合宿所に向かう道で泣きそうだった)課題の残る漕ぎでした。
次の日の敗者復活戦は、風が強い
これで漕げるんかい!!って騒いでました。でも、順風だったのがせめてもの救い
サラさんも、私も、昨日とは違う、落ち着いた漕ぎができました。
目指していたタイムも出せました、本当、うれしい!
20140517223826e46.jpg

インカレに向けて、女子ダブルはさらに強くなります。
フォアとともに、高めあっていきますよ!
20140517223805d34.jpg

応援してくれた仲間、指導してくださった監督方、ありがとうございます。
ボートでも、生活面でも、たくさん頼っています、お母さんみたいな存在!サラさん!ありがとうございます。


新学期になって
バイトもはじめて、忙しい日々に
なぜ自分はボートを漕いでるのかああ!って発狂する日もありましたが(これからも!?笑)

インカレまで、本気で漕いでいきまっっっす!!    二年 岩下望

カテゴリ: 未分類

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。